決算が良くても銀行から事業融資を受けれるとは限らない

銀行の融資はハードルが高いことは認識されていると思いますが、決算内容が良い場合だと比較的安心ですが、決算が良くても通らない場合もあるようです。それはどんな場合でしょうか?

まずは、会社の営業内容で落とされるケースです。融資の審査において反社会勢力であるかどうかも調査されています。この場合にはいくら業績が良くとも、銀行の審査には通らないと考えてよいでしょう。

次に、融資の使途で落とされる場合です。決算内容が良いとかなり安心して審査に臨むものと思いますが、融資金を多めに借りるために、使途の内容を曖昧にしたり、念のため多めの融資を受けたいなどとすると、これはまず認められません。基本的に銀行の融資に性格として、使途が定まったものに対して融資をするというものです。審査の手続きが負担の大きい銀行融資では、前もって多めに借りておきたいというのは理解できる考え方ではありますが、残念ながらこれは認められていません。

後、決算無いようにおいて、粉飾が見つかった場合などです。決算において、収益や費用の評価の際に、収益または費用の認識の時期を意図的にずらしたり、資産の評価損が発生しているのに計上しなかった…など様々な会計上の操作を行うことで、実際の利益より多く見せたりする事が出来る場合がありますが、銀行の審査の時にこれが見ぬかれてしまうと、審査で落とされる場合があります。

確かに決算書の内容が良ければ審査では評価が高くなるものですが、それで絶対通過するというわけではないのですね。

銀行の融資担当はどんな会社に事業資金の融資をしたいのか?

銀行の融資担当の立場になって考えると、融資の際の手続きを有利に運ぶ事も出来るかもしれません。そう言った意味から、銀行の融資担当が融資をしたくなるような会社はどのような会社なのでしょう?

まずは事業開始からある程度営業を行っていて、しっかりと実績がある会社ですと、企業が存続していく可能性があると判断しやすく、倒産よって債権を回収できない…といった可能性が低くなるため、融資の対象として魅力があると考えられます。

ただ、実績があっても経営が赤字ですとどうでしょうか?やはり赤字になると、資金が会社に残らず、企業の財政状態は厳しいものになっているので、黒字で利益を多く出している会社が融資対象として魅力があります。

では黒字が続いている会社であれば、それで良い条件といえるでしょうか?会社は黒字を出していても、その黒字を利益処分などで社外流出が多かったり、不良債権を抱えていたりして財政状態が悪ければやはり困るでしょう。しっかり会社に財産が残っている会社のほうが融資先として魅力があるでしょう。

財産が多ければ、それだけ融資の返済が出来ない場合にも、担保として回収できることになります。担保になりえる資産をしっかり持っている事も融資先としては魅力があるの事になります。

そして、過去の融資の返済をしっかり期日を守ってくれる会社であるか?といったことも、融資においては重要なので、その返済の状況をみて信用情報を判断します。

まとめますと、銀行の融資担当が融資をしたいと感じる会社は、営業実績がある程度以上あり、営業成績は好調に利益を出していて、担保となる資産を持っていて、債務の返済歴に滞りがないような会社であると言えるでしょう。