公的機関は急な事業資金の借入には対応できない

公的融資は銀行が窓口になって低い有利な利率で借入を行ってくるため、条件の良い融資を実行したいときに魅力を感じるかもしれません。

公的融資には審査に多くの書類を準備する必要があり、かなり会社の財務内容などの高い条件をクリアしないと審査がおりず、審査にかかる時間にも長い時間を要します。

そのため、融資までに前もって、しっかりとした準備をしておく必要があるのです。

企業は往々にして、その事業が置かれている環境の変化は激しく、チャンスは急に訪れることもあり、そのための資金も急ぐ必要がある場合はそれほど珍しくありません。そのような急な資金調達が昼用になった場合には、公的融資を利用するには準備期間が足りず、間に合わない場合が多いのです。

そのため、迅速で柔軟な融資には公的融資は適していないと言えます。

そのような企業の素早い意思決定が必要とされるような場面での融資としては、ビジネスローンのほうが柔軟に対応できると言ってよいでしょう。

ビジネスローンは審査に必要となる書類は公的融資に比べるとかなり少なくてすみます。事業計画書や返済計画書は不要で、決済書・商業登記簿謄本・納税証明書・印鑑証明書・住民票などで十分である事が多いです。

ビジネスローンは準備にかかる期間も短くて済む上、審査に要する時間事態もそれほど多くを要しません。このような急な事業資金の借入が必要となるケースでは、公的融資よりビジネスローンを利用すべきだと言えるでしょう。

公的融資でも担保や保証人が必要になるケースが多い

公的融資は比較的利率が低く設定されているため、融資を受けるならやはりこういった公的融資から借入したいと考えるのは普通だと思います。その公的融資でも無担保・無保証人制度のものがあるので、これはとてもいい条件ですが、これは額面通りとはいかないようです。

無担保・無保証人制度といっても、この手続を進めていくと、一定基準を満たしていない場合には、担当者から担保や保証人の設定を進められるケースがあるようです。

特に創業時や事業開始してから間もない会社の場合には、次の点がポイントとなります。

自己資金
事業開始の段階で、あるていど自己資金を持っている事が条件になります。これは融資を行う立場にたてば良くわかることですが、資金がない状態の企業に融資を行うというのは、事業の失敗即貸し倒れという可能性が非常に高いと思われます。このようなケースでは担保や保証人を求められるのは無理もないでしょう。
業種の経験
事業創業前に、その業種に関しての軽々やノウハウを持っているのかどうかというのは、事業の成功にとって大きな要素となります。それだけに業種の経験は問われても無理の無いポイントだと納得出来ると思います
事業の計画
審査の書類として事業計画書を求められ、審査が綿密に行われます。事業を開始する段階において、事前にどのような営業を行っていくかの具体的なプランを持っている経営者とそうでない経営者では事業成功の確率も、大きく違ってくるのは用意に想像がつきます。その点で、これも理にかなっているといえます。

これらのポイントが重視されるのは融資の際にもそうですが、事業成功においても大事ですので、しっかりと定めておく必要があるでしょう。