ノンバンク融資借入で事業資金調達

中小企業でのノンバンクの活用法

中小企業で規模の拡大を図る場合や、新たな機材の購入などを行う場合、資金が必要になりますが、まず最初に日本政策金融公庫や銀行、信用金庫などに融資の申し込みを行うようになります。ただし、銀行や信用金庫は、ノンバンクからの借入があると、融資に応じてくれることはほとんどありません。銀行や信用金庫での借入が残っている場合は、その銀行や信用金庫に相談することで、追加融資や組み換えを行ってくれることもあります。
日本政策金融公庫は審査が厳しいですが、金利が低く、ノンバンクからの借り換えに応じてくれることもあります。その為、ノンバンクからの借入が残っている状態の場合、その残債と追加で必要な資金を合わせて、融資を行ってくれる場合もあります。ただし、売上げや業績、事業計画などが非常に重要になりますので、会社の運営が順調で、今後も安定した売上げを達成できる見込みがはっきりしないと、審査に通らなくなります。
このような点を考えて、日本政策金融公庫や銀行、信用金庫から融資を受けられそうにない中小企業は、ノンバンクに融資を申し込むことになりますが、ノンバンクはただ単に金利が高いというだけで、利用することが悪いことではありません。金利が高くても確実に返済できるのであれば、利用する価値がありますので、現況を把握し、今後の見通しも立っていて、短期で返済できるようであれば、最初からノンバンクに融資を申し込んでも良いでしょう。

-ノンバンク融資借入で事業資金調達

Copyright© 埼玉の企業を支援!銀行ビジネスローンとノンバンクで即日融資借入 , 2020 All Rights Reserved.